正社員になれる転職とは 正社員になれる転職とは 正社員になれる転職とは

正社員で転職する時の学歴に関する事情について

image

転職において必要な項目について、正社員の職を変える活動では、一般的には職歴が要る傾向があります。と言うのも採用担当者としては、転職者のキャリアを見ている場合が非常に多いのです。いかなるキャリアが形成されているかにより、転職できる確率なども変わってきます。そして職歴の優先順位は、他の要素よりも上です。資格などを重視する企業もありますが、ですが貴方の職歴が重視される傾向があります。

でも転職は職歴だけでなく、それ以外の要素も比較される事も多々あるのです。

それが学歴です。そもそも現在の多くの企業が求めている人材は、大卒以上です。つまり最終学歴が大学卒業になっている事が、応募条件として指定されているケースが多いのです。

日本全国にある企業の中で、約45%前後は大卒以上を求めている傾向があります。ついでながら、その逆の会社もあるのです。学歴が全く影響しない企業もあり、その割合は全体の40%となります。

ですので、明らかに学歴を求めている企業が多い訳です。また大学卒といっても、種類は様々あります。具体的にどこ大卒かも、人事担当者は見ています。普通は高学歴の方が、各企業での採用率も上がる傾向があります。しかし、高学歴を求めている企業は少なめです。例えば、高学歴を求めている企業も中にはあるのですが、その割合は全体の10%にもない状況です。

簡単に言うと学歴は大卒以上が求められる訳ですが、あまり高度なレベルが求められない企業が多い訳です。

また正社員の転職における学歴の順番は、業種によっても変わります。一般的に商社などは、一定以上の学歴がある応募者を求めているケースが多いです。同様に金融業界や教育業界の人事担当の方々も、学歴を重視している風潮があります。逆に学歴をそれほど必要としていない業界としては、コールセンターであったり旅行業や小売業などがあります。ですので、どれ程のレベルの学歴が求められるかは、業種によって異なります。